私が私の本質に還るまでのブログ

人と比べることなく私らしく生きていく
本物の大人になるために✩ 未来の貴方に伝えるメッセージと共に
子育ての軸と自立した大人への道まで繋ぐ… 案内人です。

触れられることを嫌がるときは。

生まれたばかりの赤ちゃんでも抱っこされることを嫌がったり
おっぱいを飲もうとしてくれない赤ちゃんもいます。


どうしてなの?
いろいろ情報を集めて試してみる
でも、子育ては教科書通りにはいかないものなのです。


プイッとそっぽを向かれたらママも悲しくなりますよね…


赤ちゃんの気持ちになり考えてみると
みえてくることがあります。


これは、男女の関係と同じなのです。
付き合っている彼がいつも友達と出かけたり仕事で忙しく
中々会うことができない状況だと
彼女はさみしい気持ちでいっぱいです。


いつになったら会えるの?
そんな彼女が悩みを抱えていることも知らずに…


待ち続けるとどんな気持ちが湧いてくるでしょうか。


その中、たまに彼がやってきて…
彼が彼女に触れようとすると
彼女は、触らないでサイン


どうしたの?と、いっても彼女はこっちを向いてくれません。


そうなんです。
ほおっておかれたこの気持ちは態度でも表れるものなのです。


さみしさと、怒りの裏返し

大人も子供も同じなのです。

赤ちゃんの心の中もそんな気持ちの表れが隠れているのです。

そんなときはどうしたらいいのでしょう


まずは相手の気持ちに寄り添うことです。



彼女に
会えなくて辛いおもいさせてしまったのかな~…


赤ちゃんにも同様です。
さみしい気持ちにさせてしまったのかな~…


答えが、当てはまると
人は必ず反応し赤ちゃんも泣きます。


そうだったんだねと、気持ちに寄り添います。


いつも思っているよ。と、ちゃんと状況説明します。


ちゃんと、見ていること伝えます。
大好きだよと…



大人も赤ちゃんもみんな同じ感情をもっているのです。

なぜ、泣くのかなぜ嫌がるのか
必ずその中に答えが隠れています。
育児書や情報に惑わされず
まずは、コミュニケーションをとり相手がなにを感じているのか
寄り添うことで見えてくることがあります。






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。