私が私の本質に還るまでのブログ

人と比べることなく私らしく生きていく
本物の大人になるために✩ 未来の貴方に伝えるメッセージと共に
子育ての軸と自立した大人への道まで繋ぐ… 案内人です。

お蕎麦屋さんに入った時の出来事

先日、
お蕎麦屋さんに入った時の出来事です。





隣の席に座った親子の会話が
耳に入りました。






ざるそばと
盛りそばの違い





知っていますか?





見た目の違いで
みなさんが、わかるのは
海苔がある、なし。




ざるそばと
盛りそばの違い




海苔が付いている違いって



思う人多いようです(*゚▽゚*)




隣に座った親子も
そんな話していたので




実は、
ざるそば
昔は今みたいに麺になってなかったんです





蕎麦がきを丸めた団子を焼いたりして
食べてたんです。
それを江戸中期になって
麺のようにそば切りして
つゆに付けて食べるようになったんですね。





で、ある人が急いでいるから
そばにつゆを「そのままかけてくれ」
と、ぶっかけたことからぶっかけそばと
なりましたが、ザルに載せる違いを
つけるために
もりそばと変わっていきました。





さらに、違いと言うと
つゆの違い
もりそばは二番だし使い
ざるそばは
その上の高級なだしを使っていました。






今は、お店では
どちらも同じ作り方が多いようですね。
海苔だけ残っているようです。







隣に座っていた親子が
お店の人に聞いていましたが
お店の人も海苔が付いているか
いないかの説明してましたから〜〜



ざるそばともりそば


どちらも同じく
美味です(笑)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。