私が私の本質に還るまでのブログ

人と比べることなく私らしく生きていく。
未来の輝く貴方に伝えるメッセージ

ほんの少しだけ・・気づけたこと

私の一年の締めくくり


幼い時に母は突然この世からいなくなりました。

そこからわたしの人生は大きく変わりました。
同時に死と同じように人は何故生きるのか
生と死について考えるようになりました。


15歳の時1冊の本に出会い
シャーリー・マクレーンのアウト・オン・ア・リムに感銘を受けました。
ハリウッドの女優が精神世界の旅に出て神秘体験を重ねて
本当の自分を知っていくノンフィクションのお話です。


とても奥深い内容が多く書かれていますが
15の時共感したところに多くの線が引いてありました。
その中で

人生の目的は、魂の軋轢を解明することである。
過去世での体験に触れ合う目的は
感情的なもつれの領域を掘り出し、今世での問題をより深く理解するという事。
人生は魂の体験したこと全ての上に成り立っている。
不幸な出来事と感じるようなことでも、それはただ自分をもっと
よくわからせるために存在していると。

仏教の<敵に感謝せよ。彼はあなたの成長を助ける。>という言葉の意味が
明らかになると。
自分自身が体験し選び出した学びのプロセスであることに気づくこと



自分は幸せになるのを許されている存在ではないと感じていたり、
罪の意識があったり、子供時代に傷ついたり、何か失った経験や、
大人になってからの失敗のために私達は否定的な考え方に引きずりまわされ、
それが自分以外の外側にある要因のせいだと思い込んでいるが、
否定的なものも肯定的なものも両方とも私たちの内部に存在していると。
自分で問題を作っていて、自分を理解し知ること。

私より高次の肯定的な私自身の気づきと発見につながるならば、
魂を焦がすような対立は私には存在しなくなる。
自分が自分を見るときと人が自分を見る時の見方は違い
私達は他人の中の自分自身を見ているものだと気づくこと。
自分と向き合うことの大切さ。



そして、自分に満足していれば、人にも満足出来る。
もし自分を愛していれば人も愛することが出来る。
もし自分を許すことができれば、人も許すことができる。
自分にやさしくすることができれば、人もやさしくできる。
それは自分自身を知ること




これから更に、精神世界に入っていく時代が来ていると私は考えます。

人々は本来の自分自身に戻っていく日が近づいていることを
多くの人たちが気づき始めているのではないでしょうか・・

何が一番大切なのか
何のために今生きているのか

皆、ここにいるからには
かならず個々が果たしたいこと、そしてあなたにしかできない役目があること
人それぞれ受け取るメッセージは異なると思います


これは私が私に伝えるメッセージです
ほんの少しでも共感出来ましたら幸いです。



グランドキャニオン素晴らしいです。


2016年に感謝
立ち寄ってくださった皆様 ありがとうございました。

2017年も私が私の本質に還るまでメッセージをかいてみようとおもいます。


2017年が皆様にとって素晴らしい年となりますように∧(ё)∧




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。