私が私の本質に還るまでのブログ

人と比べることなく私らしく生きていく
本物の大人になるために✩ 未来の貴方に伝えるメッセージと共に
子育ての軸と自立した大人への道まで繋ぐ… 案内人です。

息子・父に会いに行くってよ。

先日、息子が元夫の住む町に会いに行きました。
正直、母親としては、複雑な心境




でも、もう成人した息子は大人ですから
それも良し!そう感じています。




夫婦は他人であっても
子どもにとっては切っても切ることができない
親子関係は永遠に続くのです。



新たな環境の中、職場にも多くの母子家庭の方がいました。



その中の環境は恵まれていて
同じ気持ちで共感を持てたし、そんな環境であることは
とても心強かったこと今でも感謝しています。




しかし、一点だけ私の考え方とは異なりました。
ほとんどの母親は、
別れた夫になんで子ども合わせなければいけないの?
子どもには、一切合わせる必要はない。
ろくな父親でなかったと子どもに伝え・・・
悲しく思う私がいました。



ただ、そんな考え方も否定はしません。


それは、その人の考え方ですもの。
人それぞれです。




ただ、その夫婦間で起こったことは子どもにとって何の罪もないのです。




子どもは、とてつもない不安と悲しみと寂しさを抱えこむのですから。




夫婦は別れることはできても
子どもには何の罪もないのです。




当時、調停に入り長期戦。最後の最後に子どもたちに月1回合わせること
そして、お泊りさせる。
この、条件が出てきました。




私は、どうしてもOKが出せませんでした。


今思えば、私もプライド
でも、それで、よかったと思える今があります。



なぜ、その時にOK出せなかったのか…
2つ、理由がありました。


子ども達はとても傷ついていたからです。私もでした…


合わせないわけではないけれど、月1回の約束はできない。
少し、成長を見守ってほしいと、


もう一つは、父親本人が、会いたいわけでなかったからです。


伝えましたが。。



残念なことに、全く子どもの気持ちを理解してくれませんでした。



余りいい、別れ方ではなかったので
互いが信頼できなくなってしまったのでしょう。



私は私のプライドを守り抜き
1人で子どもたちと向き合いました。
ただ、決して子供たちの父親の悪口だけは言わないと決めて。




2,3年が過ぎ
息子が中学に入るころ
会いたいと、言ってきた子どもたち
自分たちで連絡も出来る頃になったので
行かせました。



何を感じて帰ってきたのか・・・
もう、会わないからと。




それから、時が過ぎ…




大人になった息子がまた、自分から会いに行くようになり
もう、後は本人が決めること。




末っこは、父の顔さえ知らない中
始めて会ったときは複雑だったでしょう。
そして、自分から会いたいという日も来るのかもしれません。





いろんな家庭があります。
暴力的な問題や借金などのトラブルに巻き込まれるような相手なら
こんな選択はせず、ほかの選択を選んだかもしれません。





ただ、私の人生の選択は
これでよかった。
母親として子どもに出来る限りのことをやること。


そう自分で選んだことが、なにより大切なことなのです。








相手は、その当時の、わたしの鏡なのだから
相手を悪く言うことは、自分を否定していることと同じこと。



相手を選んだ自分がいること。
それは相手を責めることはできないのです。





人生はいつも選択の連続
どちらを選ぶかは自分次第
どの道も、必ずゴールにたどり着くようになっているのだから。



まずは、自分の足元をみたとき見えてくるものがあるのかも


等覚一転名字妙覚


















パワースポット巡り㏌千葉③

前月の旅、今頃書いてます。
千葉
本当にいいところです。
日蓮大聖人誕生の地と言われ
まずは、ここにご挨拶

綺麗です。








御朱印頂き、何気なくおみくじ引きました。






駐車場なく、料金発生するので、慌てて御朱印帳持って行かず・・・


さて、ここに来たかったんです。でも、順番は大切。


ここで学んだ日蓮






お参りすると必ずある杉の木が歴史を感じさせてくれます




ギリギリ間に合いました!
お参りさせて頂くことに・・



先に着いた方を行かせてあげていましたがそのまま御朱印の受付に
行かれてしまいましたので




手を合わせると同時にお題目始まり急に、本堂の観音様にライトが浴びて
その明るさに目を開けると目の前に観音様が本当に驚きました。



とても、優しいお顔されていました。
有難くお礼をいい


御朱印をもらいにいき
いつも御開帳されているのですか?と、聞くと
全くそのようなことはなく
ほんの数分。。



私たちの前にいらした方たちは、御朱印もらうと
お参りすることもなくもちろんお顔を見ることもなく
そのまま帰られてしまいましたので
私たちだけに見せてくれた


一瞬の時間です。


そんな不思議なことが多いのです。


とにかく歩きました。
でも、歩くことが好きな私にとってはとっても心地の良い一日!


その後、いった場所ありますが
ここは、今回ブログで載せません。


その方がいいようです。


勝浦に入りおすすめの食事処みつけましたので
次回よかったら参考にしてくださいね。(*^^*)


ラストが今回ここへ来た意味の答えになります。

言葉のもつ意味

ココ最近パワースポット巡り書いていましたが


先日ある出来事があったので、少し言葉について
書いてみたいと思います。

伝える力についてです。
伝える力、考えたりしませんか?


どうやったらうまく伝えられるかって。


また、会いたいな~って思う人
とか、
相手の心を揺さぶるような伝え方とか
心をどうやって動かしたらいいのかって



伝え上手ってどんな人
そんな人のまねして見たり・・・
もちろん
努力は必要です。


子どもにも理解してくれる伝え方ってあるから
どういったらわかってくれる?
親としても素直に聞いてくれたら
伝えているほうも気分がいいものです。



でも、ちょっとだけ今回は視線を変えて
例えて書いてみますね。



伝え下手・伝え上手
必ずいるんですよ~



これってさかのぼると
幼少期にいかに言葉を理解できたか。なんですね。



特に、0歳児から3歳児くらいまでに
たくさん母親からお話してもらった子は言葉を吸収します。
その時期、脳はものすごい勢いで細胞分裂して成長しますね。




先日、言葉の伝え下手で悩んでいる方とお話させて頂きましたが
その方は、幼い頃から母親に言葉も含めた暴力を受けて
大人になりました。


育つべき言葉の部分の脳が損傷しその一部が育たなかったんです。


これは、大人になってから育てようとしても
育たない部分。

どうすることもできないこともあるんです。
右脳が発達している人
左脳が発達している人
それぞれいます。


左脳が発達している人は言語や計算の力もあります。
右脳が発達している人は感覚や形や感性で理解します。


本来バランス取れているのがベストなんでしょうが
使い方で強化は異なります。


私もどちらかと言えば右脳の方が強いかもしれません。


凄く左脳が発達してる人は理論的で言葉を上手に操ることが出来るでしょうし
でも、その人になりたいとまねしても中々同じにはなれません。


でも、私は、それでOK!
そう思っています。


なぜ?
何故ならそれが必要だからです。


比較しないこと



そして、自分のあるものを認めること
それが、本当は、その人にしかない最大の強みだからです。


感覚を強く感じることが出来る人は
頭の中での映像能力が丈ています。


そして、一番に情熱や熱意は
どんな上手に話しても勝るものはないのです。


言葉巧みでも、やっぱり
その人が持っている最大の魅力に気づき
それを受け入れ表現する
人間力

小さかった四葉のクローバー大きくなりました(*^^*)


メラビアンの法則で



言葉の持つ意味は7%
音声は38%
動作55%



今ある最大限の力
それを気づいて認めることが出来たとき
見えてくる世界も変わるでしょう。



また、パワースポット巡りの続き書いて
みますね(*^-^*)

今年も大勢の人を楽しませてくれてサクラさん
ありがとうございました。