私が私の本質に還るまでのブログ

人と比べることなく私らしく生きていく
本物の大人になるために✩ 未来の貴方に伝えるメッセージと共に
子育ての軸と自立した大人への道まで繋ぐ… 案内人です。

子育てで、ついついやってしまうこと

買い物に行ったとき、子供に「あれ買って!」「これ欲しい!」
そんな場面よくありますよね。


「また今度ねっ」
そういっても、子供はなかなか言うことを聞いてくれない
そんなときあなたはどうしますか?


「どうしてもほしい!!」
大泣きし始めました。


ママは、周りの目も気になるし
泣きやませたくて


子供につい買ってしまう。
なんてことありませんか?


子供はまだまだ、未熟なので
生きていく上の欲求は本能的に行動する時期なのです。


逆に、「うちの家計は大変だから」
なんて、子供から言われたら驚きますね|д゚)


子供の甘えは大切です
でも、甘えさせることと、甘やかすことは
まったく異なりますよね。


抱っこして~お話きいて~
これは、情緒的な要求。
あれ買って、これほしい!
これは、物質的な要求。


0歳から7歳まではまだ母親の領域の中にいる時期ですから
その中で、自我が芽生え自立心が作られる大切な期間なのです。


自分でできる。自分でやりたい!その感情はとても大切


親は見守り助けを求められたとき「甘えさせて」あげて
子供ができることをあれこれと大人が先回りしてやってしまうことは
過干渉で「甘やかす」ことになってしまうのです。


あれ買って!と、言われたら「我慢しようね」と、
大人も我慢なのです。
「根比べ」ですね。

そしてここが、一番大切です。
我慢できた時は、「よく我慢できたね」と、言葉とスキンシップで褒めて
あげること。
子供の物質的な欲求から、精神的な心の安心と自信となっていくのです。


繰り返してみて
きっと、子供の変化に気づくときが来ます。
それは、ママにとっても喜びと成長に変わるはずですから




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。