私が私の本質に還るまでのブログ

人と比べることなく私らしく生きていく
本物の大人になるために✩ 未来の貴方に伝えるメッセージと共に
子育ての軸と自立した大人への道まで繋ぐ… 案内人です。

断乳の時期に悩んだら

母乳で育てているママの
悩みどころ
今日は、少しそのことを書いてみます。


いつぐらいからおっぱいの卒乳させようか
考えますよね。


まだ欲しがる子どもをみると
どうすればいいのか。


おっぱいは卒乳も大切なのですが
実は、あげ方もとても大切なのです。
離乳食が始まり
6か月ぐらいからだんだん離れるくせをつくることが
楽な断乳につながります。
ちゃんと赤ちゃんもわかっていますから。


ダラダラあげていると
それが当たり前になってしまい
離れにくくなるのです。
泣くからあげる
のではなくすぐにあげないで
ミルクもそうですが、あげている時間は赤ちゃんに集中して
寄り添い赤ちゃんとコミュニケーション取れる大切な時間
一生にそうそうない貴重な時間です。


携帯電話は少し置いといてね。


深く関わった時間の内容が濃いほど
後からママに自由な時間のご褒美は待っているから


先日、断乳か卒乳か悩むママがいましたので。


おっぱいをやめるかはママが決めていいんですよ


赤ちゃんはまだ受け身です。
子どももそう、お菓子食べたいと思っても
ここまでよ。と、ママがその子のことを考えでそれ以上あげない
それと、同じ。
子どもも欲しい欲しいの欲が本能的にもっています。
だからこそ、いいこと、いけないことを教えることも
大人ができることなのです。

1歳ぐらいには。
そんな気持ちでおっぱいをあげるとママも終わりがわかり
進めやすくなりますね。


だからこそ、
そのわずかな時間大切に過ごしてくださいね。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。