私が私の本質に還るまでのブログ

人と比べることなく私らしく生きていく
本物の大人になるために✩ 未来の貴方に伝えるメッセージと共に
子育ての軸と自立した大人への道まで繋ぐ… 案内人です。

言葉のもつ意味

ココ最近パワースポット巡り書いていましたが


先日ある出来事があったので、少し言葉について
書いてみたいと思います。

伝える力についてです。
伝える力、考えたりしませんか?


どうやったらうまく伝えられるかって。


また、会いたいな~って思う人
とか、
相手の心を揺さぶるような伝え方とか
心をどうやって動かしたらいいのかって



伝え上手ってどんな人
そんな人のまねして見たり・・・
もちろん
努力は必要です。


子どもにも理解してくれる伝え方ってあるから
どういったらわかってくれる?
親としても素直に聞いてくれたら
伝えているほうも気分がいいものです。



でも、ちょっとだけ今回は視線を変えて
例えて書いてみますね。



伝え下手・伝え上手
必ずいるんですよ~



これってさかのぼると
幼少期にいかに言葉を理解できたか。なんですね。



特に、0歳児から3歳児くらいまでに
たくさん母親からお話してもらった子は言葉を吸収します。
その時期、脳はものすごい勢いで細胞分裂して成長しますね。




先日、言葉の伝え下手で悩んでいる方とお話させて頂きましたが
その方は、幼い頃から母親に言葉も含めた暴力を受けて
大人になりました。


育つべき言葉の部分の脳が損傷しその一部が育たなかったんです。


これは、大人になってから育てようとしても
育たない部分。

どうすることもできないこともあるんです。
右脳が発達している人
左脳が発達している人
それぞれいます。


左脳が発達している人は言語や計算の力もあります。
右脳が発達している人は感覚や形や感性で理解します。


本来バランス取れているのがベストなんでしょうが
使い方で強化は異なります。


私もどちらかと言えば右脳の方が強いかもしれません。


凄く左脳が発達してる人は理論的で言葉を上手に操ることが出来るでしょうし
でも、その人になりたいとまねしても中々同じにはなれません。


でも、私は、それでOK!
そう思っています。


なぜ?
何故ならそれが必要だからです。


比較しないこと



そして、自分のあるものを認めること
それが、本当は、その人にしかない最大の強みだからです。


感覚を強く感じることが出来る人は
頭の中での映像能力が丈ています。


そして、一番に情熱や熱意は
どんな上手に話しても勝るものはないのです。


言葉巧みでも、やっぱり
その人が持っている最大の魅力に気づき
それを受け入れ表現する
人間力

小さかった四葉のクローバー大きくなりました(*^^*)


メラビアンの法則で



言葉の持つ意味は7%
音声は38%
動作55%



今ある最大限の力
それを気づいて認めることが出来たとき
見えてくる世界も変わるでしょう。



また、パワースポット巡りの続き書いて
みますね(*^-^*)

今年も大勢の人を楽しませてくれてサクラさん
ありがとうございました。







×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。